時代の変革期に、心得ておきたいことは?

“変化”と“挑戦”が運を開く八白中宮年の2019年も、残すところ1カ月を切りました。
今年起こした“変化”は、新しい年にやってくる七赤中宮年の持つ“豊かさ”に繋がっていくそう。
つまり、2019年に変化や挑戦ができなかった人は、2020年からの“豊かさ”が手に入れられないとか?!
2019年を振り返ってみて、状況や気持ちに変化を起こした人は、何かしらの“豊かさ”が得ることができそうです。


たとえ自分の意志でなかった思わぬ変化であったとしても、どんなカタチであれ、変化があったこと自体がラッキーと心得て、前に進む絶好のチャンスです。
まだ何も変化を起こせていないという人は、いつかやろうと思っていたことでもいいので、2020年の1月中までには何かしらのアクションを!


column-aoki-2

新しい元号に変わった2019年から2020年は、これからの未来に向けても重要な意味を持つ2年となりそうですね。


そんな大きな流れのなかで、5月には元号が変わり、そして2020年の12月には西洋占星術においても約20年ごとに起きるグレートコンジャンクションも起こります。
さらに200年ぶりに地から風の時代にチェンジする大きな変革期に!


地の時代は、国、所属、肩書など“枠”が重視されてきましたが、風の時代はその“枠”が外れ、“個”が繋がっていく流れが。
つまり“個性(キャラクター)”が大事になってきそうです。
そして、“モノ”から“コト”へ、
“所有”から“シェア”へ、
“努力と根性”から“楽しい”へ
“目に見えるもの”から“目に見えないもの” と、価値も大きくシフトし始めます。


目に見えないものと言えば、“印象”“ご縁”“気持ち”など……。
特に人に与える“印象”は、見えないところから生まれるもの。
見えないからといって、どうでもいいランジェリーを身に着けたり、だらしない格好でご飯を食べたりしていると、そういう女性の印象になりそう。


そういう意味でも、脱毛は良い印象作りに重要なアクション!
細部まで行き届いたケアが、印象をよりブラッシュアップしてくれますね。


column-aoki-3

もうひとつ、心も身体も状況も軽やかでいることが、風の時代に乗っていくポイントに。
“運”を“動かす”と言われる“運動”をしたり、“所有”を減らすための断捨離や、心の重荷になる“状況や人間関係”、そして“コンプレックス”も解消を。
脱毛はコンプレックスの解消にもなって、自信を持つことに繋がり、あなたのオーラを輝かせてくれるでしょう。


重たい“ネガティブ”より、軽やかな“ポジティブ”を心掛け、軽やかに新しい時代へ!


執筆者: 青木 良文

ファッション誌『フィガロジャポン』をはじめ多くの女性誌で、ファッションと占いページの編集を手掛ける。ファッションの分野ではパリやNYなど各国のコレクション取材をはじめファッションページのディレクションを中心に活動。ほかにも『VOCE』や『VERYweb』、『ミモレ』などで連載中。『WWD』の雑誌アカデミー賞では占いの分野で特殊技能賞を獲得した。 そのほかラジオやトークショーなど幅広いジャンルでも活躍。