ライフスタイル提案

全国各地を旅するライター厳選!再訪必至の「国内絶景スポット」BEST3

全国で緊急事態宣言が解除されましたね。とはいえ、まだまだ気が抜けない状況。 

今回は、トラベルライターの坂本リエさんが、安心して旅行に行けるようになったら“もう一度行きたい”国内絶景スポットをご紹介。 

アフターコロナを楽しみにもうひと踏ん張りです。 


第3位 佐倉ふるさと広場 / 千葉県佐倉市

第3位は、千葉県佐倉市にある『佐倉ふるさと広場』。 

四季折々の花を楽しめる公園です。国内では数少ないオランダ風車”リーフデ”が見られます。 

フォトジェニックな”朝焼け”、”夕焼け”の写真が撮れると話題になっていたスポットです。 

春にはチューリップ、秋にはコスモスが楽しめるなか、筆者がおすすめするのは夏のひまわりです! 自分の背より大きいものを見つけるとなんだかうれしくなりますよ。 

眺めたり写真を撮るだけでなく、2本100円で切り花として購入可能。飾ると一気にお部屋が明るくなります。お土産にもおすすめです。 

【施設詳細】 
佐倉ふるさと広場 
住所:千葉県佐倉市臼井田2714 

第2位 白浜 / 静岡県下田市

第2位は静岡県下田市の『白浜』。 

東京では見られない美しい星空が見られると人気のスポット。灯りが少ないので鮮明に見られるんです。 

寒い季節の方が空気が澄んでいてきれいに見えるのですが、とくにおすすめなのは2~5月。天の川がきれいに見られます。実物を見たことがある方は少ないのではないでしょうか? 目の前にすると息をのむほど美しく、ずっと見ていられますよ。

夜を待つ時間は、ぼーっと海を眺めましょう。『白浜』の海は白い砂浜と透明度の高い海が特徴で、まるで海外にいるかのような気分にさせてくれます。 

非日常の空間に癒されることまちがいなし! 

【施設情報】 
白浜海岸 
静岡県下田市白浜2745-1 

第1位 古宇利大橋 / 沖縄県国頭郡今帰仁村

第1位は国頭郡今帰仁村にある『古宇利大橋』。 

古宇利大橋は全長約2㎞。まるで、空へ向かって走っているような、海の上を渡っているような、そんな感覚が味わえる絶景の橋です。 

美ら海水族館からほど近いので、ドライブコースの前後にぜひ入れてほしいスポット。晴天に行くと爽快で気分が高まりますよ。

古宇利大橋を降りると、海岸があります。無料で海水浴が可能なので、海水浴したり日焼けを楽しんでいる人が多く見られます。 

下から見古宇利大橋も圧巻。 

島の北側にはハートロックと呼ばれるハートの形の岩が人気のスポットになっているので、そちらもぜひ行ってみてください。 

【施設情報】 
古宇利大橋 
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利 

早く以前のように好きなときに行きたい場所へ旅行に行ける日が戻ってきてほしいですね。 

ぜひアフターコロナの旅行の参考にしてみてください。


坂本リエ
ライフスタイル/トラベルライター

東京在住。旅行が好きで47都道府県巡りをしています。
おいしいグルメやフォトジニックな場所を探すのが好きです。
旅行、グルメ、料理やライフスタイルとジャンル問わず記事執筆を行っています。
ブログではホテルステイを中心に書いています。


記事提供元
「ありのままの自分らしく輝く」を応援するライフスタイルメディア『GATTA(ガッタ)』
https://gatta-media.com/


あなたにおすすめの関連記事▼
テレワークの休憩に!座りっぱなしの人におすすめ「腰痛ケア」ヨガポーズ
体が硬くても大丈夫!固まった「肩甲骨」をほぐす1分間ストレッチ
太りにくい体になりたい!プロ直伝「美姿勢」を目指すエクササイズ2STEPを試して
おうちに居ながらほっそり脚を目指す!寝たまま2分でできる「美脚エクサ」
180度開脚も夢じゃない!?ベッドの上で簡単にできる「柔軟ストレッチ」
都内から1時間以内!週末にふらっとリフレッシュできる「自然スポット」 
まだ旅好きしか気づいてない?日本人観光客が少ない「穴場の海外スポット」

あなたのライフスタイルをより洗練させる
スムーズスキンの製品一覧は こちら