ライフスタイル提案

あなたの髪は大丈夫?美容師が教える「おうちヘアケア」のコツ

髪を伸ばしているときに、髪の指通りが悪くなったり、引っかかったりして、急に髪の状態が悪くなってしまうことがありますよね。髪を伸ばしているのにこのような状態になってしまうと、せっかく伸ばしているのにダメージ部分の髪を切らないといけなくなることも。 

そうならないために、髪のダメージを感じてきたら、ヘアケアをしっかりと行い髪をいたわりましょう。 

今回は美容師の野澤琢眞さんに、自宅でできるヘアケアのコツを教えていただきました。

ヘアケアは髪のダメージを感じる前から

原則として、髪にダメージを感じてからヘアケアを行うのは非常にコスパが悪く、髪の状態をもとに戻すまでかなりの時間がかかってしまいます。大切なのは髪のダメージがはじまらないように、予防のケアをしておくことです。 

ここではダメージとは、髪の主成分であるタンパク質が髪の内部から流失してしまい、髪本来のみずみずしさや柔らかさを失ってしまうことをいいます。日頃からシャンプーやトリートメントで、こまめにケアをしておきましょう。

使うシャンプーはアミノ酸系のものがおすすめ

毎日使うシャンプーによって髪の状態はかなり変わります。 

とくにダメージを感じるようになったら、アミノ酸系のシャンプーを使うのがおすすめ。シャンプーの主成分に多く使われている高級アルコール系のものを長く使い続けると、髪のタンパク質が変形し、場合によっては髪のダメージにつながってしまうことも。 

髪の主成分であるタンパク質はアミノ酸から構成されているので、使い続けてもダメージ悪化を抑えることが期待できます。 

トリートメントは正しいつけ方で

髪のダメージケア効果が期待できるトリートメントですが、髪にただつけるだけでは、髪の補修がうまくできていない場合があります。トリートメントのつけ方で1番起こりやすい失敗が“塗布ムラ”です。とくに毛量の多い方は注意する必要があります。 

そこで、マスクをする前に、お肌に密着させる一手間を取り入れるのがおすすめ! 

正しいトリートメントのつけ方

(1)シャンプー後の濡れた髪を縦、横に髪を4つに分ける。 

(2)1ブロックごとにしっかりとトリートメントを塗布する。 

このとき毛先を揉み込むようにするのがポイント。ブロッキングをとることでトリートメントが、髪全体にムラなく塗布することができますよ。 

(3)ぬめりがある程度とれるようにすすぐ。 

洗い残しはNGですが、流しすぎないようにするのもポイントです。 

ダメージが進んでからではなく、日常的にヘアケアを行って髪をきれいに保てるよう心がけていきましょう! 

【画像】 
puhhha、plprod / shutterstock


野澤 琢眞
美容師&美容学校教員

三重県内の美容室に11年勤務した後、現在は美容専門学校の教員をしながら直営サロンでスタイリスト業務も行う。美容学生に向けて発信したInstagramの動画が、分かりやすいと人気になり1年で10万フォロワーを達成。2017年「次世代インフルエンサー美容師」全国1位に。全国セミナーも開講している。


記事提供元
「ありのままの自分らしく輝く」を応援するライフスタイルメディア『GATTA(ガッタ)』
https://gatta-media.com/


あなたにおすすめの関連記事▼
テレワークの休憩に!座りっぱなしの人におすすめ「腰痛ケア」ヨガポーズ
体が硬くても大丈夫!固まった「肩甲骨」をほぐす1分間ストレッチ
太りにくい体になりたい!プロ直伝「美姿勢」を目指すエクササイズ2STEPを試して
おうちに居ながらほっそり脚を目指す!寝たまま2分でできる「美脚エクサ」
180度開脚も夢じゃない!?ベッドの上で簡単にできる「柔軟ストレッチ」
都内から1時間以内!週末にふらっとリフレッシュできる「自然スポット」 
まだ旅好きしか気づいてない?日本人観光客が少ない「穴場の海外スポット」

あなたのライフスタイルをより洗練させる
スムーズスキンの製品一覧は こちら